PIERRE/毛糸ピエロ・ファインメリノ他

PIERREショールの制作過程の画像

PIERREを在庫糸の寄せ集めを中心に編み始めました。

英文パターンをアトリエニットさんで購入したものです。ラベリーにももちろんあります。

目次

PIERRE 制作 基本情報

パターンPIERRE(ラベリー・アトリエニットより)
パターンの種類日本語文章パターン
4.5㎜輪針 addi
Matchmaker Merino DK(廃番)
ソノモノ 合太(ハマナカ)
ファインメリノ(毛糸ピエロ)
malabrigo Rios(マラブリゴ リオス)
糸量未定

PIERRE 使用糸 基本情報

Matchmaker Merino DK

ブランドJaeger
商品名Matchmaker Merino DK
色名SH662
素材メリノウール 100%
太さDK(合太)
重さ50g
長さ約119メートル
推奨針サイズ4.0 mm(国内サイズ6~7号)

ソノモノ 合太

ブランドハマナカ
商品名ソノモノ合太
色名2(ベージュ)
素材ウール 100%
太さSport(合太)
重さ40g
長さ約120メートル
推奨針サイズ3.25 – 3.5mm(国内サイズ4~5号)

ファインメリノ

ブランド毛糸ピエロ
商品名ファインメリノ
色名04(フロスティブルー)
素材エクストラファインメリノ 100%
太さDK(合太)
重さ約30g
長さ約87メートル
推奨針サイズ3.5 ~4.0mm(国内サイズ5~6号)

Fontaine(フォンテーヌ)

ブランド毛糸ピエロ
商品名Fontaine(フォンテーヌ)
色名12(インクブルー)
素材毛80%
ベビーアルパカ20%
太さSport(合太)
重さ約40g
長さ約94メートル
推奨針サイズ3.5 ~4.0mm(国内サイズ5~6号)

PIERRE 制作メモ

制作過程を随時更新しています。

編みはじめ→ガーター編み

PIERREショールの編みはじめ部分

ゴム編みで小さな編地を作り、そこから目を拾って編み始めます。

ショールパターンではよく出てくる「ガータータブキャストオン」のゴム編みバージョンという感じ

どうしてもつなぎ目はできるので、許容できる範囲であれば気にしない。

そのあとは両端で掛け目で目を増やしながらガーターで編地を広げていく。

ちなみに、ガータースタート部分の目がそろわず、針のサイズを落としてやり直ししてます・・・

ゴム編み&模様編み部分

基本的に、目は両端の掛け目で増やしながら、ねじりゴム編み、三角模様と模様編みを進める。

文章パターンなので編み図はないですが、書いてある通りに編み進めるのに慣れればむしろ、編み図よりも編みやすいように感じます。

特にショールはどんどん目が増えるので、図で見るよりも文章が向いています。

模様編みはねじり目(表・裏)と掛け目、2目一度、表目と裏目の組み合わせ程度のため、技法としては簡単です。

ガーターボーダーと色替え

PIERREショールの制作過程

ガーターボーダーの部分で色替え。

このショールは、パターン通りとすると4色使い、グラデーションをかけていくと美しく仕上がるようですが、今回は在庫糸消費のため2色目はベージュで。

ガーターボーダー、かのこ編みでストライプを編んだ後、2色目に完全に移行。

模様編みの繰り返し

ねじりゴム編みと三角模様、ガーターボーダーをパターンに従って繰り返す。

パターン通りであれば、2色目と3色目の間はストライプは作らないですが、今回はグラデーション仕様でないため、1色目と2色目の時と同じくストライプを採用

PIERREショールの制作過程

最後の色は透かし編みで波模様に

最後の色はmalabrigo Rios(マラブリゴ リオス)を使う予定でしたが、数段編んだところで、色が濃すぎるような気がしたのと、その他の糸に比べてやや太すぎたので、一度ほどいて編みなおしました。

結局、毛糸ピエロのFontaine(フォンテーヌ)のインクブルーを使用

PIERREショールの制作過程4色目

在庫糸でPIERRE作成 ポイントと反省点

いくつか反省点、改善点など気付いたことまとめます。

在庫糸消費にうってつけ

1色目、2色目あたりは、並太糸で100g弱くらいで足りそうです。

つまり、2玉ほどあればよく、中途半端に転がっている在庫糸の消費にはうってつけです。

色合わせはセンスの問題ですね。

私はセンスが悪く非常に苦手です

長めの輪針を用意

糸が太いこともあり、後半の半円周の長さはかなりになります。

最初から余裕を持った長さの輪針を使うか、途中で切り替えるなどして、最終的には100~120cmの輪針がおすすめです。

糸の太さがややばらついている

今回は在庫糸消費なのである程度致し方ないのですが、使った糸がバラバラのため、糸の太さがやや違います。

もともと、やや太めの糸(合太~並太)で編むパターンのため、やや糸の太さにばらつきがあっても、ごまかせることはごまかせます。

ただ、あまりに差がありすぎると違和感が残ります(今回はそれで4色目を編み直ししています)

裏編みと表編みで模様を作る部分があるので、ふっくらとした糸のほうが模様が目立っていいと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる