ベルンド・ケストラーさんのいいねミトン(基本の風車)/Fontaine(フォンテーヌ)

ベルンド・ケストラーさんのいいねミトンが気に入っていていて、いくつか編んでいます。

今回は小1長男用のもの。

目次

いいねミトン(基本の風車) 制作 基本情報

パターン基本の風車(「ベルンド・ケストラーのミトン」より)
5号(約3.6㎜)輪針 近畿輪針
Fontaine(フォンテーヌ) 毛糸ピエロ  色番02(グレージュ)
糸量小1サイズ両手分で約28g

使用糸:Fontaine(フォンテーヌ) 基本情報

ブランド 毛糸のピエロ
商品名Fontaine(フォンテーヌ)
色名02 グレージュ
素材アルパカ(ベビーアルパカ)20%
毛80%
太さ合太
重さ40g
長さ約94メートル
推奨針サイズ棒針 5号~7号
かぎ針 4号~6号

いいねミトン(基本の風車) 制作メモ

制作過程を随時更新しています。

編みはじめ

親指から編み始めます。今回は子供用のこともあり、親指部分は全部ゴム編みとしました。

親指部分は1.5cmほど(適当です)

3目×4の12目スタート。作り目は伸縮性のある作り目。

いつも使っているこの方法を使いました。

本体部分

4辺の編みはじめで1目ずつ、増やしていくのが「基本の風車」です。

4本針より輪針のほうが好きなので、輪針に2辺分ずつ分けて、ぐるぐる編みます。

子どもの手に合わせながら、今回は1辺が28目まで増えたところで、指先にあたる部分のゴム編みを開始。

ゴム編みを2段して、1辺が30目となる。

指先を止める

伸縮性のある止め方で、指先を止める。

方法は、気に入っているこれ。

側面を綴じる

2辺を合わせてかぶせはぎ。そのあと止めていきます。今回は、本にやり方の載っているイラスティック止めを採用。

手首をゴム編み

かぶせはぎの部分で穴が開きがちなので、2目増やして、手首を32目としてゴム編み5段ほど(適当に)

指先側と同じく、伸縮性のある止め方をしています

編み上がり

いいねミトンの「基本の風車」には左右の差がありません。なので、同じものをもう1枚作って、完成。

子どもサイズとはいえ片手14g。両手分作っても1玉であまりが出ました。

いいねミトン(基本の風車)  雑感・反省点

フォンテーヌは太めの糸なので、気合を入れればすぐに完成できます。

やや野性味のある糸ですが、アルパカも入っていてごつすぎることなく、味のある仕上がりとなりました。

子供用とはいえ両手分で28gでできてしまいました。大人用でも1玉で両手分できそうで、大変コスパがいいです。

いいねミトンは輪針で編むことが可能ですが、かぶせはぎの部分のみ、どうしてももう1本必要です。

私は同じ5号の輪針をもう1本持ち出してきて、かぶせはぎの部分のみ2本使いました。

あとの部分は輪針でも対応可能です。

目次
閉じる